よくある質問

  1. TOP >
  2. よくある質問 >
  3. 商標権を他人に盗まれた(無断で出願や登録された)場合の対応を教えてください。

商標権を他人に盗まれた(無断で出願や登録された)場合の対応を教えてください。

未だ登録されていない場合には、特許庁に情報提供を行います。
情報提供の方法としては、例えば、一般的に使用されている名称であることや、自社の商標が市場で周知であること(周知性)を新聞・雑誌などの刊行物(コピーも可)やカタログなどで証明する必要があります。証明できない場合や証明できていないと特許庁で判断された場合には、情報提供は失敗です。

すでに登録されている場合には、特許庁に異議申立てを行います。申立ての内容は、情報提供の場合と同様です。

異議申立て期間(商標掲載公報発行日から2ヶ月)を経過している場合には、無効審判を請求します。請求の理由は、異議申立ての場合と同様に過誤の登録であることを主張します。ただし、登録日から5年以上経過すると、他人の登録が不正競争目的や不正目的であることを立証できない限り登録は無効になりません。

  • a