商標登録は、商標専門弁理士にご相談を。費用節減も手伝います。

お客様にとって“本当に役立つ商標”を登録します。登録率94.7%(2011年1月から2013年1月まで実績)!

まずは格安の質の高い商標調査をご利用ください。

業界最安水準! 商標調査0円 出願手数料15,000円 成功報酬11,000円 登録手続料10,000円 商標登録されなければ、費用を全額返金致します。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちらから TEL:03-6457-5625 受付時間:平日9:30~17:30

高品質の商標調査

高品質の調査=高い登録率

  本サービス開始後、一貫して高い登録率(2013年8月現在97%)を維持しているのには理由があります。他事務所の登録率の算出期間と比較してみて下さい。他事務所の無料調査とは全く異なる業界最高水準の商標調査を行なっているからこその結果です。なお、拒絶理由通知が全く発行されずに登録査定になる確率は、本サービス開始後、90%を超えており、出願から登録査定までの平均期間は105日です。
  弊所の調査では、商標登録できるか否かを判断するだけではなく、登録後安心して使用できるか否かまで複数の弁理士が相談して各自の幅広い専門知識と豊富な経験に基づいて、議論します。

  あるお客様から他の方におっしゃっていただいた最もうれしい台詞がこちら→
「加藤知的財産事務所を使わないと後悔しますよ!!」
もちろん、「他の方」は、新しいお客様になっていただけました!

  若いから不安?
  いえいえ、10社以上の一部上場企業のお客様と20年以上やり取りしてきた経験は伊達ではありません。創業以来の高い登録率が調査の質の高さを裏付けています。逆に、若いからこそ、お客様のビジネスが10年、20年と続いても、ご相談に乗りつづけることができます。

  費用の削減を考えるあまり、安さだけで特許事務所を選ぶと貴重なお時間を無駄にします!!
例えば、弁理士が一人しかいない事務所は様々なリスクがあると思いませんか??
大企業が事務所を選ぶとき、「弁理士二人以上」を絶対条件にしているのは、理由があるのです。

迅速、誠心誠意

迅速に。そして、誠心誠意。

  どのようなことでもお気軽にご相談下さい!
   お電話下さればすぐに我々の人柄が理解いただけます。迅速に、そして誠心誠意、弁理士が対応させて頂きます。商標登録・商標の使用、商標権の保護・活用など商標に関するお客様のビジネスリスクをゼロに近づけるため、費用のご相談にも乗りつつ、知的財産権の専門家である我われが必ずお客様のお役に立ちます。

弊所価格について

商標登録には、商標調査、出願、登録の3ステップがあります。弊所料金は次のとおりです。

STEP1商標調査 STEP2出願 STEP3登録 合計64,400円

弁理士紹介~私たちが担当します~

(登録番号13443号)
業界歴 25年

【経歴】
・灘高等学校
・東京大学 工学部卒
・都内特許事務所勤務を経て、大塚国際特許事務所入所。
 特許・意匠等の国内外の出願・中間処理業務を行う。
・2004年 弁理士登録
・2005年-2006年 Fitzpatrick, Cella, Harper,
 Scinto法律事務所(NYC&DC)
・2009年4月 加藤知的財産事務所を創設。
【所属】
・日本弁理士会(JPAA)
・中央知的財産研究所(JPAA)
・米国知的財産法協会(AIPLA)
・一般社団法人 日本食品・バイオ
 知的財産権センター(JAFBIC)
 特許委員会、商標委員会 商標実務研究部会
 2011年度幹事
・日本弁理士協同組合

必見!商標登録されなければ出願までの費用を全額返金!

実績紹介(お客様の承諾を頂いて掲載しております)

  • 株式会社ナバーランド様
    「こびとづかん」
    「カクレモモジリ」他8件

    ベストセラー絵本「こびとづかん」の著作権を保有するナバーランド様には、今後の商品展開までを踏まえたキャラクターごとの商標出願をお任せ頂いております。代理させて頂いた10件の商標登録出願は全て登録され、諸外国への出願も全て任せて頂いております。このように弊所では、国内出願からコンテンツビジネスのグローバルな商標保護戦略に至るまで、様々な知的財産サービスを提供しております。

  • 株式会社アドバンテッジ リスク
    マネジメント様
    「アドバンテッジタフネス/
    ADVANTAGE TOUGHNESS」

    人事・人材・メンタルヘルスに関するサービスを提供するアドバンテッジ リスク マネジメント様の場合には、現在の主力サービスである“メンタルヘルスケア・メンタルタフネス(ストレス耐性)に関するサービス”を表す適切な役務表示の検討を任せて頂きました。打ち合わせを繰り返してサービス内容をしっかりと理解し、ご納得頂ける役務表示を採用した結果、登録されました。

  • 株式会社アイエスエム様
    「Neues Licht/ノイエス・リヒト」
    「Neue Luft/ノイエ・ルフト」

    ソフトウェア開発会社であるアイエスエム様の場合は、特許を多数取得されており、自社開発されたソフトウェアに使用する商標の出願のご依頼を頂きました。通常では出願から登録まで6ヶ月以上かかるところ、早期登録のご要望に応えるために別途手続を行いまして、出願からわずか2.5ヶ月で登録されました。

  • 東京大学名誉教授 畑村洋太郎先生
    「直観でわかる」

    日本政府の福島原発事故調査・検証委員会の元委員長である畑村洋太郎先生(東京大学名誉教授)の場合は、ご依頼から3時間以内に商標調査から商標出願まで行いました。畑村先生はご依頼の時点で商標を使用されていましたので、できるだけ早く商標を出願して保護するために、即日対応させて頂きました。

弊所の最大の目的は、お客様の大切な商標をいち早く、的確に登録することです。日々の業務で蓄えた知識と豊富な経験に基づく判断で、必ずお客様のビジネスのお役に立ちます。さらに、10年ごとの更新を繰り返すことで20年、30年、…と永久に存続する商標権を、お客様のご発展と共に、若く経験豊かな弁理士がサポートします。

高品質の商標調査

商標は、①標準文字(文字のみ)、 ②文字の複数段表記、 ③ロゴタイプ(装飾文字)、④ロゴマーク(図形)、⑤複合型(文字と図形の組合せ)、⑥新しいタイプの商標(音商標、色彩のみからなる商標等)等、様々な態様で登録できます。そこで、お客様がビジネスで実際に使用する商標や、使用する予定の商標を登録します。その際には、費用を掛けずに他社を牽制できるベストな商標の態様を決定する必要があります。

45区分の商品・役務とは、特許庁において商標を登録するか否かを審査するために、世の中の商品・役務を45の区分に分類したものです。 お客様は商標登録出願を行う際に、商標を使用する商品・役務を45区分の中から選択して指定する必要があります。選択する際には、お客様の現在のビジネスと、将来のビジネス展開とを考えて商品・役務を指定することが重要です。

商標調査では、商標登録出願前に、お客様の商標が登録されるか否かについて特許庁のデータベースに基づいて調べます。お客様の商標と類似と考えられる商標が登録されていても、特許庁の審査において類似と判断されるか否か微妙なケースもあります。そこで、商標調査では、専門家である我々弁理士の知識と経験とに基づいて商標の類似の判断を行うだけではなく、商標の登録可能性をアップさせるための的確なアドバイスが重要になります。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちらから TEL:03-6457-5625 受付時間:平日9:30~17:30